尿酸値を上げる要因 | ザイロリック・ジェネリックでアルコールによる尿酸値上昇を阻止!

尿酸値を上げる要因

「尿酸値を上げる要因」の画像です。

なぜ、尿酸値が上がってしまうのか、同じ量飲んでいるはずなのになぜ自分だけ高尿酸血症にかかってしまったのか、そう思った人もいるでしょう。
尿酸値が上がる原因として最も知られているのは、ビールなどに含まれているプリン体によるものです。
尿酸を作り出す素となっているのがプリン体でもあるので、アルコールが体内で分解、代謝されてしまうと大量の尿酸が生成されてしまうことになるのです。
このプリン体はウイスキーやブランデー、焼酎などにはあまり含まれていないと言われていますが、とはいえ大量に飲めば微量なプリン体も飲んだ量に応じて増えてしまいます。
安全だから、と油断していると危険なので、楽しい気分に任せてガブガブお酒を飲んでしまうのは避けましょう。
とはいえ、アルコールの摂取を一切禁止されると、それはそれでストレスの原因になってしまうので、よく言われる「程々に」という言葉をしっかりと胸に留めておきましょう。

尿酸値を高める要因はアルコールによるものだけではありません。
ストレスが原因で尿酸値が上がるケースもあるようです。ストレスはあらゆる病気のリスクを高める要因にもなっているので、なるべくストレスは溜め込まず、定期的に解消できる方法を身に着けておきましょう。
また、汗をかくなど脱水症状に近い状態でも尿酸値は上昇するので、水分補給は忘れずしっかりするようにしましょう。
他にも、悪性腫瘍や腎機能の低下により、尿酸値が上がってしまうこともあります。
この場合、ザイロリック・ジェネリックの服用はできない可能性があるので、他の病気の治療をしている人は医師に相談するようにしましょう。